従業員満足度調査・360度評価ならリアルワン

お問い合わせ

03-3666-1702

リアルワンが選ばれる理由

サービス一覧

会社案内

よくあるご質問

お客様の声

Information

03-3666-1702

[営業時間]月曜〜金曜 9:00~18:00

お問い合わせ

リアルワンの従業員満足度調査(ES調査)

従業員満足度調査
(ES調査)とは?

30万人超にご利用いただく
調査・評価専門会社

豊富な実績、科学的な知見、柔軟性・フットワークなど、
人事、組織分野における調査・評価専門会社ならではの強みを備えており、安心してお任せいただけます。

リアルワンの従業員満足度調査
(ES調査)

従業員満足度調査(ES調査)の導入では、大きな検討ポイントとして
「調査項目」「調査方法」「調査レポート」があります。
調査をスムーズに実施し、有益な結果を得るためには、これらの慎重な検討が欠かせません。
リアルワンは、調査・評価専業ならではの高い専門性と多くの経験を蓄積しているため、
安心してお任せいただくことができます。

従業員満足度調査(ES調査)の
調査項目

リアルワンの調査項目の標準構成は、「質問項目87問+自由記述+属性」です。
回答時間は15分~25分程度が目安です。

これまでの科学的研究によると、従業員満足(ES)は、「全体満足」と「領域別満足」に分かれ、「領域別満足」はさらに「仕事内容」「組織」「職場仲間」「待遇」の4領域に分けられるとされています

※Locke, E. A. (1976). The nature and causes of job satisfaction. In M. D. Dunnette (Ed.), Handbook of industrial and organizational psychology. Chicago: Rand McNally.

全体満足
全体的に抱く満足感

領域別満足

領域ごとに抱く満足感。
仕事内容、組織、仲間、待遇。

  • 仕事内容
  • 組織
  • 職場仲間
  • 待遇

全体満足の内容

全体満足は、従業員満足度調査(ES調査)の中核となる指標です。
従業員が仕事や組織に対して抱く全体的な満足感を調査します。

全体満足
(中核指標)

従業員が全体的にどの程度満足しているか。
例)大体のところ、今の仕事に満足している。

領域別満足の内容

領域別満足では、企業や組織のさまざまな側面を網羅的に調査することができます。

仕事内容の領域で6側面、組織の領域で7側面、職場仲間の領域で7側面、待遇の領域で8側面が標準で用意されています。

  • 仕事内容の領域
    • 意義と責任
    • 能力の活用
    • 成長の実感
    • 自律性
    • 仕事の多様性
    • フィードバック
  • 組織の領域
    • 経営方針
    • 意志決定
    • 闊達な風土
    • 変革の風土
    • 顧客志向
    • 情報伝達
    • 組織の倫理観・モラル
  • 職場仲間の領域
    • 経営者(ビジョン)
    • 経営者(社員との関係性)
    • 上司(業務の遂行)
    • 上司(配慮の行動)
    • 部署内の連携
    • 部署の成長努力
    • 部署間連携
  • 待遇の領域
    • 給与
    • 評価と褒賞
    • 昇進・昇格
    • 福利厚生
    • 能力開発の機会
    • 働く環境
    • 仕事の負荷
    • 雇用の安心感

その他の要素(項目)

自由記述

意見や考えを自由に記入いただく設問です。その時々の課題や関心テーマなども設置いただけます。
アンケート項目では収集できない、より深い意見(情報)を集めることができます。

属性

回答者の属性をたずねる設問です。ご希望の属性を設定していただけます。
属性による集計や分析は有益な情報が得られるため、リアルワンからも効果的な属性を提案します。

【一般的な例】

  • 部署
  • 役職
  • 職種
  • 勤続年数
  • 性別
  • 年齢層 など

調査項目の品質

調査項目は一見単純に見えるため、「会社が知りたいことを聞けばいい」「どの業者のツールを選んでも一緒」と軽く考えがちです。
しかし、不適切な調査項目では、良い回答が得られず、調査の実施自体が無駄になる恐れがあります。
リアルワンの従業員満足度調査(ES調査)の調査項目は、科学的な背景を基にしており、
世界的に著名な項目※1を基に、日本の環境に合わせて開発しています。
心理学が定める「信頼性」と「妥当性」という品質基準を満たしており、安心して実施いただける調査項目です。

※1参照(一部)
MOAQ(Michigan Organizational Assessment Questionnaire)(Cammann, Fichman, Jenkins, and Klesh 1983)
MSQ (Minnesota Satisfaction Questionnaire)(Weiss, Dawis, England, and Lofquist 1967)
Job Satisfaction Survey(Spector 1985)

信頼性と妥当性の意味

従業員満足度調査(ES調査)で使用される調査項目は、一般的に「心理尺度」と言われ、精度の高さを「信頼性」と「妥当性」という数値で表します。文字通り、調査項目が「信頼できる」「意味のある」ものかどうかを示す指標であり、質の良い調査項目では、必ずそれらの数値が提示されています。

調査項目を選択される際は、活用のしやすさや目的との合致などの利便性に加え、「信頼性」と「妥当性」の基準を満たす項目が重要です。

「信頼性」と「妥当性」の基準

信頼性

リアルワンの評価項目の「信頼性係数(α)」は
次のようになっています(一部)。

領域 信頼性係数(α)
能力の活用 .851
経営方針 .853
上司(配慮の行動) .906
給与 .820

※一般的に、信頼性係数は通常0.7後半以上であれば適切な尺度とされていますが、リアルワンの従業員満足度調査(ES調査)の調査項目は、0.769以上と全ての項目が0.7後半以上となっており、精度の高い調査を行うことができます。

妥当性

リアルワンの評価項目の「妥当性」の例として、外部変数との関係(相関係数)は次のようになっています(一部)。

組織への愛着感 0.806(**)
離職意思 -0.550(**)
生活満足感 0.418(**)

※「**」=1%水準で有意(** p<.01)
※上記データは、当社が2011年10月に実施した全国調査(N=2,483)の結果から算出されたものです。

調査項目のカスタマイズ対応

貴社のご状況やご要望に合わせて調査項目をカスタマイズし、
従業員満足度調査(ES調査)を実施していただけます。
専門家からのアドバイスや提案によって、より充実した適切な調査項目をご用意いただけます。

具体例

  • 生命保険会社様

    営業職に特化した調査項目、代理店チームに特化した調査項目
  • ITインフラ会社様

    キャリア変更、部署異動に関する調査項目
  • ホテル・不動産会社様

    誇り、コンプライアンスに関する調査項目
  • 標準調査項目の調整

    対象者の状況や負担などを考慮し、調査項目の選定ができます。職種や部署・部門単位での変更も可能です。

  • 調査項目の追加

    貴社が用意する調査項目を追加して実施することができます。

    追加項目の例

    • キャリア、社員教育、福利厚生などについての具体的な要望調査
    • 施策実施後や制度導入後の実態調査
    • コンプライアンス、ハラスメントなどに関する実態調査
  • オリジナル調査項目の作成

    リアルワンは、貴社独自の調査項目の作成を支援しています。
    標準の調査項目は、全国値との比較ができ、負担少なく実施できる点がメリットですが、やや一般的で抽象的な内容です。
    オリジナル調査項目によって、貴社の状況により合致した調査を実施できます。

03-3666-1702

[営業時間] 9:00~18:00